ドローンとは?一般的なドローンの定義を解説

ドローンの定義

最近ドローンってよく聞くけど、一体どこからドローンなの?!ドローンってなに?
ドローンについての基礎の基礎である、ドローンはどういったものなのかを解説します。

政府発表のドローンの定義はこちら、
改正航空法(2015年)の中ではドローンは以下のように定義されています。

航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船そのた政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(中略)により、飛行させることができるもの(中略)をいう。

少し分かりにくいので、以下表で整理してみます。

上記表のように航空機という大きな枠組みから考えてみました。
航空機とは空を飛ぶ人工物全般をさします。この航空機をまず友人と無人に分けてみます。

有人のものはボーイングなどに代表される大型旅客機や人が乗って操縦するヘリコプターなどを指します。有人の航空機もさらに細分化できるかと思いますが、今回は本題から逸れるので省かせていただきます。

無人の航空機をさらに大型と小型に分けます。

・航空機ー無人ー大型・・・のジャンルに分けられるのは、軍事用に使われる無人飛行機です。主に偵察や爆撃などを目的として行われます。

・航空機ー無人ー小型・・・こちらは自律飛行可能かどうかで分けます。自律飛行可能なものはいわゆるラジコンです。そう指し続けなければ墜落してしまうようなものを指します。

航空機ー無人ー小型ー自律飛行可能・・・こちらが官邸への墜落などで何かと話題となっている無人航空機、一般的な認識では「ドローン」と言われるものです。


どうですか?ドローンについての定義が少しは明確になったのではないでしょうか。
D.Pressでは上記の定義に従って皆様に情報をお届けいたします。
ドローンの機能は年々向上し、Phantom 4に搭載された衝突回避機能や農薬散布可能になるなど便利になっています。
その一方でドローンの安全性も守っていかなければいけません。
規則を守り安全にドローンを飛行させましょう。

商品レビュー

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です